青葉区荏田エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 横浜荏田校】にお任せ下さい!

menu

青葉区荏田エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 横浜荏田校

家庭学習のコツ(その④・時間の使い方編)

短いながらも夏休みに入り、ご家庭で学習に取り組むお子様も多くいらっしゃるかと思います。  

引き続き、ブログでも家庭学習のコツを公開していきます!

 

<家庭学習のコツその④・時間の使い方編>

①勉強する時間をきっちり決めすぎない

②やることを細分化する(5~15分単位でできるようにする)

③「どこで」「どれくらい」やるか決める。そして時間設定

 

①勉強する時間をきっちり決めすぎない

「9時から勉強」と決めるとします。

まず、9時になるまでは勉強しないですよね?その時点で時間をロスしています。

そして、何だかんだあって勉強開始が9時を過ぎてしまった時、猛烈にやる気がなくなりませんか?

「9時なったから勉強しなさい」と言われて、やる気になるでしょうか?

時間を決めることは一見よさそうではありますが、心理学的にはおすすめできません。

それよりも、「いつまでに、どれくらい進めるか」期限を決めた方が気持ちは動くと言われています。

 

②やることを細分化する(5~15分単位でできるようにする)

面倒な宿題と言えば「読書感想文」。

これを細分化すると…

本を決める/1章ずつ読み進める/感想のポイントを決める/感想をひとつずつ記述する/自分だったら?を書く/本を読んで学んだことや今後生かしたいことを書く

こんな感じです。 どれも、15分前後でできそうですよね?

そうすると、取り掛かりも早くなり、さらにスキマ時間も有効活用できます。8時47分~9時までの中途半端な時間でもできそう!

どの教科、どの内容でも使えます。

 

③「どこで」「どれくらい」やるか決める。そして時間設定

集中できる場所を決めて、何をどれくらいやるか、「成果としてのゴール」を決めましょう。

そして、それがどれくらいで終わるか時間を見積もって、それを学習時間にしましょう。

時間を先に決めてしまうと、ダラダラやってしまったり、好きな教科や楽な教科しかやらなくなってしまいます。

集中できる場所は人それぞれですが、おすすめは「リビング」か「自習室」です。

※リビングは一定条件があります(別記事参照)。

====================================

今回は時間の使い方について紹介しました。

次回は「気分転換の方法編」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院  横浜荏田校 フェイスブック
英才個別学院  横浜荏田校 ツイッター
英才個別学院  横浜荏田校 YouTube チャンネル